R&Oマガジン~愛する迷子~

アールアンドオーの取組みや情報をお届け

静岡からBリーグチームを!Bリーグ選手加入会見

2021 views
約 6 分

“静岡からBリーグチームを!”を合言葉に、
医療法人社団アールアンドオーがスポンサーを担っている
静岡エスアカデミアスポーツ。
・Twitterアカウント
https://twitter.com/shizuokableague

・Facebookアカウント
https://www.facebook.com/s.s.academia/

6月17日(日)に開催された
「第1回社会人バスケットボール連盟静岡県大会リーグ戦OPの部」にも参戦し、
136-26と圧倒的な大差で勝利するという華々しいデビュー戦を飾ってくれました!
これからBリーグを目指すチームとして、期待を感じさせてくれる好ゲームでした。
【該当ツイート】https://twitter.com/shizuokableague/status/1008320669791076352

そしてそして!
この度、医療法人社団アールアンドオーのサポートのもと、
静岡エスアカデミアスポーツクラブに
現役Bリーグ選手の加入が決定いたしました・・・!

6月21日(木)14:00より、グランディエールブケトーカイ4Fにて
行われた加入会見にて、加入選手の発表となりました。

大石慎之介選手

大石選手は2017-2018シーズンまで
三遠ネオフェニックスにて活躍されていました!
https://www.neophoenix.jp/roster/shinnosuke_ohishi.html

大石選手は、静岡県沼津市出身の30歳(1987年12月15日生まれ)です。
中学生の時からバスケットの才能を開花させ、進学先の飛龍高校では2年連続で県内無敗
という輝かしい成績を残されています!

==========================
【経歴】
●沼津市立大岡中学校
成績:新人戦 県大会優勝、会長杯 県大会準優勝、中体連 県大会優勝、東海大会3位、全国大会ベスト16、
静岡県の選抜選手にも抜擢される
●飛龍高校
1年時
インターハイ県大会2位、全国大会ベスト16、少年国体3位(静岡国体)2年時(県内無敗)
新人戦県大会優勝、インターハイ県大会優勝、全国大会ベスト16、
ウィンターカップ県大会優勝・全国大会ベスト16・少年国体選出

3年時(2年連続県内無敗)
新人戦県大会優勝、東海大会準優勝、インターハイ県大会優勝、
東海大会準優勝、全国大会ベスト16、ウィンターカップ県大会優勝、全国大会ベスト16、少年国体選出

●浜松大学(現:常葉大学)
1年時
東海トーナメント 優勝(新人王獲得)、西日本大会3位、東海リーグ優勝、インカレベスト16、東海選抜選出

2年時
東海トーナメント 準優勝、西日本大会優勝、東海リーグ 優勝 (ベスト5)、インカレベスト16、東海選抜

3年時
東海トーナメント 準優勝(ベスト5)、西日本大会ベスト8、東海リーグ 優勝 (ベスト5)、東海選抜

4年時
東海トーナメント 優勝(最優秀選手賞)、東海リーグ 優勝(最優秀選手賞、アシスト王、スティール王、ディフェンス王)、
東海選抜(全日本選抜大会 優勝)、学生日本代表候補合宿参加、
アーリーチャレンジ制度で仙台89ersへ入団

●bjリーグ・Bリーグ
2009-2010 仙台89ers
プロデビュー戦で10得点を獲得し勝利に貢献。その試合のMVPを獲得

2010-2012 宮崎シャイニングサンズ

2012-2016 浜松・東三河フェニックス(現:三遠ネオフェニックス)
・2012-2013 プレイオフ進出
・2013-2014 プレイオフ進出
・2014-2015 bjリーグチャンピオン
・2015-2016 プレイオフ進出
2013〜2016では、チームのキャプテンを3年間務めるなど、チームの中心として活躍

●Bリーグ
2016-2018 三遠ネオフェニックス 2016-2017 チャンピオンシップ進出
==========================

■記者会見でのコメント(一部抜粋)

大石慎之介選手より
静岡にBリーグを、最短でB1へ。この思いは誰よりも強く持っていますし、この目標を
達成するために私は覚悟を持って静岡に帰ってきました。
一個人のバスケット選手として契約を結び、地元でバスケットができる事は非常にうれしく光栄なこと。
静岡市内にプロバスケットボールチームができることで、静岡でバスケットボールをやっている子どもたちにとって、
バスケットがより身近になり、プロ選手になりたい!と「夢」を与えられるようになりたい。

大石慎之介選手

特定非営利活動法人静岡エスアカデミア・スポーツクラブ
代表理事 山﨑 俊昌

チームスポーツでの中の一選手を企業がサポートするのは本当に珍しいケース。
本人の夢を理解し・応援する、という動きが活性化していくことが、静岡だけでなく、日本中に広まってほしい。
静岡市にB1チームを!という一連の動きを、現実味のあるスピードで実現させていく上で大石君の加入が良い起爆剤と
なってほしい。

医療法人社団アール・アンド・オー
理事 松永康太

http://www.r-and-o.jp/
大石選手には、「チームの顔」として活躍し、バスケットに関わっている方・関わっていた方だけに留まらず、
これまでバスケットボールというものに触れたことがない方々にも、バスケットの魅力や凄さを発信してもらいたい。
静岡といえば「サッカー」というイメージが強い地域であるからこそ、新たな競技でのプロチーム誕生を目指すサポートを行う事は、静岡をスポーツとリハビリでサポートしている医療法人として、非常に価値のあることだと考えている。
今回動き出すプロジェクトをきっかけに、さらに静岡市がワクワクする街となるように支援していきたい。

会見の様子

Bリーグ(B.LEAGUE)概要はこちら
https://www.bleague.jp/about/
https://www.bleague.jp/

【本件記事作成元】
医療法人社団アールアンドオー (静岡市葵区春日2丁目12−25)
広報・企画 担当:望月

最近の投稿

More

Access Map