愛する迷子「Love Lost」

豊かさを見つけるために今できること。

冨田昌夫先生の研修レポート

228 views
約 4 分
冨田昌夫先生の研修レポート

壁を破る!「ループという発想」セラピストセミナー

台風24号の接近に伴い、開催が危ぶまれましたが開催時間を短縮し実施することが出来ました。
冨田先生の講義は、丁寧でわかりやすく、引き込まれていくのがわかる心に残る研修でした。
天候の悪い中、たくさんのご参加くださいました方々、ありがとうございます。

お母さんのおなかから生まれてきて、
人は「運動」を学習していく。

当たり前に思っていた、また理学療法士・作業療法士なら学校でも勉強してきたはずの内容。
だけど改めて人間の脳が生まれてから何を見て、どう成長発達していくのか、そこが鍵になると
冨田先生は丁寧に話す。

基礎を知ることはとても大事なこと。

座学といえば座学かもしれない。実技もあるのに、座学の時間が座学じゃなく感じられる。
冨田先生との距離は近く、目の前でなぜなのか、どうしてなのかを教えていただける。
患者様の見本になった参加者にも、いつも患者様に接するように、何一つ変わらない言葉で、
優しい、愛のある言葉で、相手の心地よさを探求していく。

その会話の技術自体がスキルそのもの。

患者様のせいにしてはいけない。

不安定な状態なのに、不安定なことをさせていることを知れ。

理学療法士、作業療法士として本質を持て。

今回は時間の限られる中、腹臥位での有用なポイントや、椅子からの立ち上がりなどの基本的な、根っこになる部分を
とても丁寧に講義いただきました。
日々、臨床に出ている参加者の皆さんは、「今すぐ病院に戻ってあの患者さんにこれをしてあげたい。」と思ったんではないでしょうか。

臨床から少し離れている管理者や主任クラスの参加者の皆さんは、「今すぐ臨床に出たい。」と感じたのではないでしょうか。

リハビリテーションは、他力本願だけではだめで、本人の持っている治癒力や再生能力を引き出し、モチベーションを高めることで
より効果が得られることは証明されているが、ここまでセラピストのやる気を引き出せる先生は貴重です。

医療法人社団アールアンドオーでは、今後も静岡市及び地域の皆様に還元できるよう「医療の質を高める研修」を行っていきます。
今回は遠方からもたくさんの参加者の皆様にご参加いただき、誠にありがとうございます。

COMMENT ON FACEBOOK